借金の自己破産前に

借用書自己破産は、借金の返済が現在の状況では難しいと判断された場合に適用される制度を指します。したがって、裁判所から承認されれば今ままでは支払っていた借金を支払わなくてよくなるということになります。これだけ聞いていれば、借金をした場合には自己破産してしまった方が良いと思う方もいるかもしれません。ところが実際のところは、自己破産を実行する前に知っておくべきことがいくつかあります。

最初に挙げられるのは、自己破産が認められた場合、国から発行される官法に乗る点になります。自己破産を考えている方の中には、他の人に借金が返せなくなったという状況を知られるのが嫌だという方もいるでしょう。こちらは全員の目に入るものではなく、見ることを希望する方によって購入されるものになります。この官法に乗る場合には自己破産した方の住所や氏名が記載されます。とは言え先ほども述べたように目に触れる機会は少ないため、自己破産をしたということが広まる可能性は少ないと言えるのではないでしょうか。官法に氏名や住所が乗ることの他の注意点としては、一定の決まりをもとに財産の回収があるということになります。借金の取り立てがなくなるということが自己破産を行う利点の1つですが、ここで高価な財産などを所持している場合にはそれを回収されることがあります。この場合、生活していくために必要な最低限のものは残せるため、すべて持っていかれるということはありません。

〔参照HP〕借金で自己破産